LINE セフレ募集サイトの年齢層について

インターネットの普及と共に利用者を獲得していった出会い系サイトは、幅広い年齢層の人が利用しています。特に利用している年齢層は20代前半から30代後半が多い傾向があります。20代前半は恋人を探し、20代後半から30代後半は割り切った関係を築ける相手を探している傾向が強く現れています。

出会い系サイトは全国から手軽に同じ目的を持った相手を見つける手段として、利用者を獲得してきました。今では出会いサイトの存在は出会いを見つける為の場として、認知されています。出会い系サイトの利用者の年齢層はどのような感じになっているのか見てみましょう。

既婚者の利用者が多い

出会い系サイトを利用する年齢層で一番多いのは、20代半ばから40代前半です。結婚をし、パートナーとの関係がうまくいかず、他の男性に温もりを求める人が増えています。この事からセックスレスなどで溜め込んだ性欲とストレスを他の男性で解消しようとLINEセフレ募集サイトなどを利用し、割り切った関係のセフレを探す人が増えています。

子育てのストレスや夫との確執などは、女性にとって大きなストレスになります。会話をする時間も持てずに、一人で抱えこんでしまうストレスを解放するのにセフレは大きな存在と言えます。LINEセフレ募集サイトなどを利用し割り切った関係を築く事で、精神的な拠り所を見つけたい女性が多く利用しています。

若い女性は体だけを求めている

性欲旺盛な年代と言えば20代から30代前半の女性です。もちろん、年齢など関係なく性欲が旺盛な人はたくさんいます。セフレ募集などで積極的に掲示板などへの書き込みをしているのは20代が多い傾向にあります。社会人になり、仕事や恋人などができないストレスや焦りを紛らわせる為に、体で得られる快感だけを求める女性が増えています。

フリーターや派遣社員などの形態雇用が多くなり、時間に拘束をコントロールできることから、日中からセフレとホテルへ行く女性も増えてきました。昔に比べ、結婚への憧れや固定概念を持たない若い世代は、性欲を満たすだけのセフレを持つ方が遥かに気が楽だという理由からセフレ募集などの掲示板の利用率が飛躍的に伸びています。

まとめ

セフレ募集サイトを利用する女性の年齢層は実に幅広いと言えます。特に20代から30代の利用率は目を見張るものがあります。LINEセフレ募集の掲示板の普及が背景にあるのは言うまでもありません。日本人の3人に1人が利用しているLINEの登場で、手軽にセフレを探せる事が最大の要因と言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加